札幌WEBプログラミングスクール C言語講座の内容解説

C言語プログラミングの解説

C言語プログラミング講座のご案内

 Windowsやtwitter,Word,Excelなどのプログラム(システム)を開発するのに使用するのがプログラム開発言語です。

 

 その中で現在主流の2大言語がC,C++言語とJava言語です。⇒サンプルプログラム

 

 C言語はWindowsやMAC OSなどの基本ソフトを開発するために開発されました。
 現在、世の中で使用されている基本ソフトのほとんどがC言語とこれにクラスという機能を追加して拡張したC++言語を使用しています。

 

 C言語はコンピュータ本体のメモリなど深い部分まで自由自在に操作できるので基本ソフトなどコンピュータの機械本体に沿った高度なプログラムを作成するのに使用されます。

 

 自動車や家電製品、工場のロボットや製造装置などに搭載されているコンピュータの制御にも使われてます。

 

 各種のコンピュータ・グラフィックス作品やWord・ExcelなどWindowsやMACで動く多くのソフトがC,C++言語で作られてます。

 

 C言語には関数という部品プログラムを作る機能があるため、C言語に無い機能があった場合は関数で作れば良いので、万能であり出来ない事がありません。

 

 iphoneのプログラムはObjective-C言語かSwift言語で記述しますが、Objective-C言語を習得するにはまず基本となるC,C++言語の全基本文法を習得しいる必要があります。

 

 iphoneアプリを独学で作ろうとする場合C++言語を習得していない場合は非常に苦しみます。そんな方に最適なのがこの講座です。C言語とC++言語を完全にマスターして次はObjectiveーC言語を習得しiphoneアプリ作成講座に進んでアプリをガンガン作って下さい。

 

 中学生・高校生のための情報オリンピックはC言語とC++言語を使用しますので、こちらもC言語とC++言語を完全にマスターしていなくては何も始まりません。

 

 C言語はJava言語とともにプログラム開発言語の中でも難しい言語です。

 

 特にポインタというメモリ(主記憶装置)を操作する機能の習得が難しく、「C言語プログラマは2種類いる。ポインタをマスタしている本物のCプログラマと理解していない偽物のCプログラマ」と言われるゆえんです。

 

 札幌WEBプログラミングスクールのC,C++言語講座はアルゴリズムの学習を重視し初心者でも無理なく習得できるよう階段を登るように一歩一歩進んでいきます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ 無料体験申込み 電話 0120-011-137 小学生コース 札プロ社会人コース 札プロ最新情報