中学高校生コースの近況報告!

情報オリンピック用C言語講座やBASICグラミングなど最近の授業風景の報告

情報オリンピック用C言語講座やBASICグラミングなど最近の授業風景のご紹介

今日は 、札プロの横田です。
 今年も早いものでもう真夏の7月が目の前ですね。8月が過ぎたら秋です。 ただ、最近は異常気象で9月に入っても暑い日が続く年もありますが。

 

 さて、本日は情報オリンピック用C言語講座やBASICグラミングなどの最近の授業風景をご紹介いたします。

 

小学5年生からは大人顔負けでC言語プログラミングを学習する人も!

プログラミングコンテストチャレンジブック 

 札プロの特徴は情報オリンピックを目指す小学高学年から中学生の生徒さんが多く入会されている事です。

 

 中には東京や関西で1,2を争う進学校の生徒さんもおられますし、小学4年生でも大人顔負けでJava言語やC言語のプログラミングの学習を進めて行く生徒さんもおられます。

 

 現在の情報オリンピック対策授業は『プログラミングコンテストチャレンジブック』という本を使って課題プログラムを作るために必修のアルゴリズムを順番に学習していただいています。

 

 この本は必修のアルゴリズムが基本的なものから順番に並んでいます。最初は再帰関数で次に深さ優先探索、次にハノイの塔など。このようなアルゴリズムの問題とプログラムがたくさん載っています。
 情報オリンピックの試験ではこれらのアルゴリズムをアレンジした問題が出題されるので全て理解して利用できるようになっていないことには予選通過もままなりません。

 

 このアルゴリズムの指導を、生徒さんの実力に合わせて進度と指導方法をアレンジしてご指導しています。

 

プログラミングが得意で無い生徒さんでもどんどん進めるBASICプログラミング授業

 

プログラミングコンテストチャレンジブック

 初心者用のプログラム開発言語で、C言語やJava言語などと比べ圧倒的に易しいBASIC言語。
 札プロではイチゴジャムという小さくて安価(4000円)なパソコンを用いて授業を行っていますが、プログラミングの得意な小学5年生以上の生徒さんなら易しすぎるという言うほどです。

 

 JavaやC言語の体験授業でこれらの言語が難しいと感じられる生徒さんでも、これならスイスイ進めるので無料体験授業でも大好評です。
 春から始めたBASIC言語プログラミング講座は大人気で小学4年生の生徒さんも学んでおられます。

 

◆イチゴジャムBASIC言語プログラミングが良い3つの理由⇒こちらです。

 

  

◆プログラミング言語の選択について

 

 どの言語を選択するかは入会時にJava言語、C言語、BASIC言語を体験していただき、その人に一番合う言語をご相談の上選択していただいております。

 

 札プロでは 無料体験授業、無料相談会実施しています。

 

 気軽に電話:0120-011-137またはお問い合せフォームにてご予約下さい!

 

情報オリンピック用C言語講座やBASICグラミングなど最近の授業風景の報告記事一覧