世界一大起業家を輩出するスタンフォード大学と日本の有名大学の驚くべき格差。No3。スタンフォードに追いつくための処方箋!
スタンフォード大学をモデルにして開学した筑波大学 

日本の有名大学では、優秀な学生たちも多数入学していますが、低いレベルの教育を受けています。

また、これらの大学では、資金や設備が不足しており、研究や教育に必要なリソースを確保できていません。

このように、日本の有名大学は、研究・教育への世界的評価が低い理由があります。

以上のように、世界一大起業家を輩出しているスタンフォード大学と、日本の有名大学との間には、驚くべき格差があります。

この格差は、教育内容や研究力、社会的評価などの面で現れています。

この格差を埋めるためには、日本の有名大学はどうすればいいのでしょうか。

それは、スタンフォード大学やハーバード大学を見習って、教育内容を多様化し柔軟化し、プログラミングやAIなどの最先端技術を全学部で教えることです

また、起業家や投資家との連携を強化し、ビジネスやイノベーションに関する指導を受けることです。

さらに、研究力や教育力を高めるために、優秀な教授陣や研究者陣を増やし、世界的に影響力のある研究成果や論文を発表することです

そして、資金や設備を充実させ、研究や教育に必要なリソースを確保することです

これらのことを実現するためには、日本の有名大学だけでなく、政府や社会も協力する必要があります。

政府は、教育や研究に対する予算や補助金を増やし、規制や制度を改善することです。

社会は、起業家や投資家として大学と協力し、支援やアドバイスを提供することです。

小中高校生とその両親の方々も、自分の将来について考えて下さい。

プログラミングやAIなどの最先端技術は、今後の社会で必要とされるスキルです。

そのため、 小中高校生は、プログラミングやAIに関する知識やスキルを身につけることが重要です。

そのためには、 札幌WEBプログラミングスクール のような場所で学ぶことがおすすめです。

札幌WEBプログラミングスクールでは、小中高校生コース を開講しており、プログラミングやAIの基礎から応用まで楽しく学ぶことができます。

また、両親の方々は、子どもたちの興味や目標を尊重し、自由に選択させることが大切です。

そして、子どもたちが起業家やイノベーターになりたいと思ったら、応援してあげてください。

この記事では、世界一大起業家を輩出するスタンフォード大学と日本の有名大学の驚くべき格差について、簡単に説明しました。

この格差を埋めるためには、日本の有名大学や政府や社会が変革する必要があります。

そして、小中高校生とその両親の方々も、自分の将来について考える必要があります。

プログラミングやAIなどの最先端技術は、今後の社会で必要とされるスキルです。

そのため、札幌WEBプログラミングスクールで学ぶことがおすすめです。

なぜ日本政府は欧米の大学に追いつくように予算を増やさないで、逆に年々減らすのか?

まず、日本のスタンフォード大学を目指して開校された研究大学があります。

筑波大学です。

だから筑波大学はスタンフォード大学のように、広大な土地にもの凄くデラックスな研究棟が並んでいるのです。

その教授陣を調達するために、当時日本の三大研究大学を言われた東京教育大学を廃校にして教授陣をそのまま継承し、拡充して筑波大学を作ったのです。

筑波大学は一定の効果を挙げて来て、特に最近リベラルなスタンフォード的な研究・教育体制が高く評価されて来ていますが、欧米にはなかなか追いつけません

ここ30年、日本は戦後の国別ではアメリかについで2位のノーベル賞受賞者を輩出してきました。

アメリカは移民社会なので、出身国別では1位かもしれません。

これは人種差別をする白人、ユダヤ人には面白くないことです。

嫉妬もあり、脅威も感じたでしょう。

そこから安倍政権になり、大学の予算の割り振りを東大や京大など一部の政府が東大・京大・東京工業大学などの『研究型大学』を偏重する形で配分し、地方の大学を地域密着の職業訓練大学とする方針を打ち出しました

しかも、予算は横ばいか減額し、欲しければ企業からもらうか、軍需産業の研究をせよと言いました。

アメリカの植民地日本は、傀儡政権によって年々、大学予算が減らされてきた

INSEAD 校舎

世界トップレベルMBA フランスのINSEAD

予算縮小の政策を取る理由は見え見てですよね。

もうご存知の通り、日本は敗戦国でアメリカとイギリスの植民地です

植民地日本は、自公政権という傀儡政権によって年々、大学予算が減らされてきたため、若手研究者が常勤研究者になれなくなっています

これは内閣と役人がアメリカの顔色を窺っての、千切れんばかりに尻尾を振ったご機嫌取りをしたからです。

田中角栄や鳩山由紀夫、小沢一郎のようなアメリカにさからう独立、自立を目指す政治家や総理は、アメリカの工作員たるマスコミと検察、役人によってことごとく潰されて来ました。

このYoutube画像では元朝日新聞記者の佐藤章さんが、安倍晋三の祖父、岸信介といっしょになって統一教会を作った文鮮明、暗殺された軍事政権の長、朴 正煕(パク・チョンヒ)大統領が、アメリカが日本を支配・管理するために選んだ日本と韓国の傀儡政権の指導者で、CIAはそれをストロングマンと呼んで来たことを話してくれています

文鮮明が立ち上げた統一教会の最初の事務所は岸信介邸です

ですから、岸のである安倍晋三もストロングマンです。

だから、日本を崩壊する方に誘導することこそがストロングマンの使命です。

どうです?韓国の疲弊も、これを知ったら分かりますよね。

象徴的な話をいくつかしましょう。

私が高校教員になるまえに、全国の商業高校と工業高校にプログラミング学習のための1室パソコン25台のコンピュータ実習室を作りました。

そのパソコンのOSには日本の坂村健東大助手が作った無料OSであるTRONを採用することになっていたのですが、マイクロソフトのビルゲイツが時の商工大臣を動かし、強硬に、性能がどうしようもなく低いMS-DOSを採用させたという話があるのです。

その頃、TRONの開発エンジニア17人が乗った日本航空機が1985年、御巣鷹山で墜落しました

これは有名な事件です。

どうです?ビルゲイツを、良い人だと思っていませんでしたか?

ロックフェラーのような大実業家には、とうの昔に悪魔に魂を売ってしまったような人間も多いと思います。

小学校から英語を勉強しても話せるようにならないのは日本と韓国ぐらいのものですよね。

これもアメリカの圧力でしょう。

話せるようにならないカリキュラムにしているのでしょう。

ハーバードビジネススクールや、スタンフォード大学ビジネススクール、フランスとシンガポールにあるINSEADといった世界トップレベルのMBA、経営大学院が欧米にしかないのもそれが理由でしょう

そんな学校作ったら、卒業生がGAFAのような企業を作ってしまうかもしれないからです。

実はコンピュータの主要な発明は日本とスタンフォード大学とその卒業生によるものです。

C言語はスタンフォード、半導体(中央処理装置=CPU メモリ=主記憶装置)やフロッピィディスクは日本です。

また、スタンフォード大学がある、アメリカ、カリフォルニアのシリコンバレーはバブル期に『Japan as No1』と称され家電や自動車で世界を席巻した日本に対抗し、衰退させるためアメリカの権力層によって長期に渡り計画的に作られたものです。(参考ページ シリコンバレーはかつて日本に対抗するために生まれたスタンフォード大学研究員が語った、いま日本がとるべき行動)

つまり、かつて日本とアメリカがとうとう激突して戦争したように、アメリカは、日本に自由に技術開発し商売させると日本が世界を席巻してしまうので、長期的に計画的に絶えず日本を衰退させるようにしているのです。

東京芸大学長だった日本画家の平山郁夫は著書の「この道一筋」で「敗戦した場合、戦勝国の支配は100年続く」と言っています。

ですから、日米戦争は未だに続いていると言ってよいでしょう。

近い内にこれらのお話も投稿しますね。

続きはNo4をご覧ください。

 札幌WEBプログラミングスクールで学ぶことで、スタンフォード大学卒業生に負けない起業家やイノベーターになることができるかもしれません。

あなたも挑戦してみませんか?

日本のプログラミング教育No1教師の授業を体験してみませんか?

札幌WEBプログラミングスクールは2000年に創立した日本で最初に受講したい時間に自由に予約して受講できるスタイルのWEBデザイン・プログラミングスクールです

また、日本で最初の小中高校生対象のプログラミングスクールでもあります。

代表の横田昌彦は、北海道の公立高校教員を始めとして、小中高校生、大学生、社会人まで指導総生徒数 3940人、経験年数 33年、 授業時間数 42847時間をプログラミングとWEBデザインの授業をしてきた日本で最も豊富な教務経験を有する教育者です

これほど、多様な学校で幅広い年齢層にIT関連教科の学習指導をしてきた人間は日本では他には間違いなくいないでしょう。

この指導実績をご覧いただければ、札幌WEBプログラミングスクール代表の横田昌彦が『日本のプログラミング教育のパイオニアにして第一人者』を自称しても間違いないでしょう!

経産省の基本情報技術者試験に33名、応用情報技術者試験に8名、サーティファイ認定試験に174名など合計242名ものプログラミング資格試験合格者を輩出しています

このようなプログラミングスクールは日本には存在しません。

札プロにご興味のある方は、まずは、気軽にご予約の上、無料相談・無料体験を受けてみて下さい

プログラミング指導33年。札プロ授業の驚くほどの分かりやすさと、ITテクノロジーへの深く確かな知識を実感していただけると思います。

◆無料相談会・無料体験授業のお申し込みはこちらです。

教室でも受講していただけますが、ZOOMにより全国どこでもオンラインで受講していただけます。

無料体験申込ボタン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事