今日は。

札プロの横田です。

前回は2025年の共通デストで『情報』が選択できるようになることを解説しましたね。

今回はぞの続きで2021年5月24日の朝日新聞朝刊に、

「2025年国立大学入試に『情報』を必修とする案を国立大学協会入試委員会が検討。入試は6教科8科目になるか?」

という記事が載りました。

これは『情報』を英語や数学などの主要5教科に加えるということです。

理由は、まず2018年に政府が公表した成長戦略で

「義務教育終了段階での高い理数能力を、文系・理系を問わず大学入学以降も伸ばしていけるよう、大学入学共通テストで基礎的な科目として情報Ⅰを追加する」

との方向性を打ち出し、大学入試センターが25年に『情報』が選択可能とうなる方針を打ち出したその流れを汲んてのことです。

◆国大協入試委員の議論

「国を挙げてデジタルと言っている時に、入試にいれないのは違う」

という意見を言った必須化推進派の委員が多くいたということです。

反対派は「生徒の学習環境がまだ整っていない」と懸念をしめしているそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事